モード系ファッション情報 2015年 FRIVOLITE

日本人が世界に誇る固有の伝統服飾文化や色彩感覚。そして、新たなるモードファッションの世界。

LinkIconENGLISH

HOME > ファッションコラム > ジャーナルアーカイブ No.1 > ATO FW コレクション レポート

レディースファッション通販サイト FRIVOLITE

FRIVOLITE 流お洒落ジャーナル

ato F/W 2010 Tokyo Collection

アトウ 秋冬2010年コレクション レポート

ATO fw トップ


I was on a roll this season with hitting as many brand's exhibitions as possible. I usually skip them if I see the show (about 60 brands do shows every season + all of those who don`t...that would be about 100 exhibits a season! Not. Possible.) but I always see a different side to the clothing when I can touch them and see them up close.

So ato is one of the brands that I first loved when I came to Tokyo in 2004. It was sleek, cool, dark, and kind of sexy. It was one of those brands that sort of gave off this pretentious air and I wanted get a sniff of that so badly.. so I often found myself hanging out at the shop in Minami-Aoyama, and their fashion show at the New Opera House was my first in the city.

今季は、なるべく多くの展示会へ行けるよう頑張っている。普段は、ショーを見たら展示会行かないことにするけれど(だって、コレクションショーを開催する60ブランド+そうしないブランドを合わせると、簡単に100本を上回るから・・。しかも、毎シーズン!なかなか無理な数なのです・・!)。ただ、やっぱり身近で見たり触ったり、デザイナーと直接話したりすることでコレクションの見方が変わる。だから、とても有意義な機会だと思う。


この「アトウ」は、私が東京へ来た当初からのお気に入りのブランド。スマートにクール、そしてちょっとしたセクシーなところが好き。「今の私には、すこし大人っぽすぎて・・」と思いつつ、「どうしても、アトウの世界を触れてみたい」と思い、よく南青山店へ通ったことを思い出す。しかも、東京で一番最初に見たファッション・ショーは、初台オペラシティで行われたアトウのショーだった。


ATO fw ユニセックス


This time, the brand layed low and opted out of a show and instead went for an exhibition only (although the PR rep says confidently "We`ll *definitely* do one next time!). Honestly, I think it was a great choice as the brand had started to slide off-track and this collection saw it go straight back to its roots.
The "unisex" theme doesn`t even need to be explained as it is apparent in the tailored, formalwear as casualwear pieces.

アトウは、今回、ショーを行わず、展示会のみだった(ただし、「次回は絶対にする!」とやる気満々のPRさん)。私は、今季は、展示会のみで正解だと思う。アトウのコレクション作品を見ると、デザイン的に、ストイックでクールなルーツに戻ったような気がしたので、静かにじっくり見させる方法がいいと思う。

コレクションのテーマは『unisex』
「服における男女の性差をより少なくすることを目的とし、テーラード、トラッド、ミニマリズムの要素を取り入れたデザインとスタイリングをしております。」とのこと。


ATO fw テーラード


At the exhibit, I was wondering if designer Ato Matusmoto would be there and he was, in the back flipping through the newest womens issue of Common & Sense (the one with Amuro Namie on the cover). I asked him what he thought about it, since it has fully embraced the young, cute "kawaii" nearly gyaru aesthetic (that is Namie on the cover, after all).

He responded, "I think that this is what Tokyo fashion is. It's not Yohji or Comme des Garcons anymore. It hasn`t been for a long time. People say that everything is "kawaii" nowadays even if it's not actually "cute". There`s nothing wrong with this, but it's not for me. I don`t think my clothes are made for Tokyo anymore."

He ended this with "I have an incredible amount of Chinese and other foreign tourists coming to shop at my store. They buy up a ton of pieces as souvenirs to take back to their countries.They are propping us up.. but the popularity of Japanese fashion within Asia can`t last forever."


展示会で、「デザイナーの松本与はいるのかな?」と探してみたら、彼は後ろの隅っこで最新号の「commons & sense」をめくっていた(安室奈美恵が表紙を飾っている方)。今号は、特にストリート的な可愛い系のテイストになっちゃたので、松本さんに雑誌の感想を尋ねました。

『もう、こういうかわいいカルチャー=東京ファッションじゃないですか?というか、前からこうなっていると思う。耀司とかコムとか、もう人はそういうの着なくなったので。今の若い人たちはなんでも「かわいい」という。別に本来の「かわいい」でもないのに。
別にダメとか、そうでもないけど、僕の作る服は「東京向け」ではないと思う。』と答えてくれました。

更に、『(僕のお店にくるお客さんは)外国人が非常に多い!特に中国人ですね・・。おみやげで大量に買っていく。今の日本のファッション界って、それで支えられていると思う。ただ、この「ジャパン・ブーム」のバブルも、いつかはじけてしまうと思う・・・。」


ATO fw スーツ

ATO fw サルエ


These chalkstripe slacks as harem pants are fantastic---

このフォーマル・サルエルパンツは、最高にクールと思うわ。


ATO fw アクセサリー


A lapel necklace made from silk.

ラペルのようなネック・アクセサリー


ATO fw メンズ

ATO fw パンツ


he debuted a line of mens underwear. It's peek-a-boo and layered.. it would actually be kind of a cool gift.

今回からスタートしたメンズ・アンダーウェア。「レイヤー」や「覗き」のモデルがかっこいい・・。プレセントにぴったりかも。


ATO fw 小物


A look at Ato just one season ago.... so very different. I like the uniqueness, and those pants are pretty hot, but I also appreciate witnessing the pure side of what Ato used to be and what attracted me to the brand in the first place.

前回のアトウの作品と見比べると、どれほどテイストが変わったかがわかる。私はどれも好きだけれど、今回の ato のコレクション作品は、その魅力がストレートに感じとれて、とてもよかった。


ATO SS2010ATO fw SS 2010メンズ


visit ato at www.ato.jp

上記画像は(c)  流行ファッション FRIVOLITE


流行ファッション情報 お洒落レポートコーナー

FRIVOLITE の真髄 お洒落レポート

Past Postings|FRIVOLITE お洒落レポート のページはこちらから。


Online Boutique FRIVOLITE

ジュエリー通販 FRIVOLITE

全世界どこへ行っても「第一級の宝飾品」として通用し、人種を問わず、人々の心を虜にできるだけの『鮮烈なまでの存在感』と『絶対的な素材力』。日本が世界に誇る日本固有の色彩美や伝統文化を穿つ。

ジュエリー通販 FRIVOLITE