モード系ファッション情報 2015年 FRIVOLITE

日本人が世界に誇る固有の伝統服飾文化や色彩感覚。そして、新たなるモードファッションの世界。

LinkIconENGLISH

HOME > ファッションコラム > ジャーナルアーカイブ No.1 > 帝王紫の艶 貝紫染めの世界

レディースファッション通販サイト FRIVOLITE

FRIVOLITE 流お洒落ジャーナル

帝王紫(ロイヤルパープル)の艶

世界で最も高貴で美しい貝紫染めの世界

「フェニキアの紫」とも呼ばれる、帝王紫(ロイヤルパープル #7F1184)。クレオパトラやローマ皇帝が愛した高貴な禁色である。「人間の官能に直接作用を及ぼすほどの美しさ」「比類なきほどの艶やかさ(つややかさ)、艶めかしさ(なまめかしさ)」を有するのが特長。西洋において、長らく「紫」が高貴な色とされてきたのは、このためである。

貝紫染め 染色直後のシルク


帝王紫の糸を染め上げる伝統技法として、「貝紫染め」という染色技法がある。上掲の写真は、正絹を実際に貝紫染めで染め上げた直後のもの。染め上がった糸の美しさは、見る者の心を捉えて離さない。

ある特定の貝のパープル腺が染料のもととなる。動物性の原料を用いる貝紫染めは、「生物の生命力そのものを具現化したような艶やかさ(つややかさ)、艶めかしさ(なまめかしさ)」を有する。

少し専門的な話題となるが、同じ動物性の原料として、「コチニール染料」がある(草木染め等の際に使用する染料である)。コチニール染料は、乾燥させたエンジムシ(カイガラムシ)を原材料とするが、それと比較しても、貝紫染めの染料の方が、遥かに「艶」なる雰囲気が強い。

貝紫染めの故郷


貝紫染めの故郷の風景(車中より撮影)。綺麗な空気と景色に囲まれた環境のもと、私達のオリジナルシルク糸は、生成りから帝王紫へと染め上げられている。そして、その後、東京の地で、糸から作品へと姿を変える(Hiroomi Ueda ブランドの詳細については、Hiroomi Ueda Official Web Site にて紹介)。

絶対の美 LYL01&LYL02


また、Hiroomi Ueda のハイジュエリー、並びに、FRIVOLITE のアクセサリーの原点である「帝王紫の絹糸」の世界については、「 絶対の美 LYL01&LYL02 」のページにて詳述。


流行ファッション情報 お洒落レポートコーナー

FRIVOLITE の真髄 お洒落レポート

Past Postings|FRIVOLITE お洒落レポート のページはこちらから。


Online Boutique FRIVOLITE

ジュエリー通販 FRIVOLITE

全世界どこへ行っても「第一級の宝飾品」として通用し、人種を問わず、人々の心を虜にできるだけの『鮮烈なまでの存在感』と『絶対的な素材力』。日本が世界に誇る日本固有の色彩美や伝統文化を穿つ。

ジュエリー通販 FRIVOLITE